富山の注文住宅|セキホーム

構造・性能  

Q. 集成材の原材料であるホワイトウッドはシロアリに弱いのですか?

A.

ホワイトウッドは北欧で採れる欧州トウヒ・スプルスなどの白い木の総称で、湿気が無く白アリが生息しない土地で育っているので、ヒノキ・ヒバと比べ確かに害虫に対する抵抗力が低いとされています。ただし加工性に優れ狂いが少ないという長所もあり、セキホームでは、まずこの特性を大切にし、柱・梁等にホワイトウッドの集成材を使用しています。

ではその構造部分のシロアリ被害が心配‥と思われるかもしれません。 対策として建築基準法で義務付けされた内容と同時に、防蟻ステンレスネットの採用と基礎用防蟻断熱材で基礎を外側からすっぽりと覆う事で、侵入を万全に防ぎつつ土台・大引き・柱根元周りと床下空間をシロアリの生息に適さない環境を作り守っています。これらを標準仕様として長くたちますがシロアリの被害はありません。

シロアリ対策に大切なのは、樹種よりまず内部へ侵入させないこと、そして構造の周辺環境を整え木材を湿気から守る事です。シロアリはその住宅がどんな樹種で作られているかを調べて侵入しているのではなく、湿気などに呼ばれて床下に侵入し、そこにある湿った木材をかじるのです。
それがホワイトウッドなのか他の木なのかは後の話であり、湿っていればヒノキもヒバも、どんどんかじります。ホワイトウッドだから被害を受けたというものではありません。
実際にいままでシロアリ被害を受けた多くの住宅は、昔ながらのヒノキ・ヒバ・杉…で作られています。極論ですが、シロアリは金属やガラス以外、発砲スチロールやコンクリートなど湿っていればなんでもかじります。

※セキホームのシロアリ対策について詳しくは構造ページ展示場に下ご確認ください。

シロアリ対策
防蟻ネット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロアリ対策に大切なのはまずその環境です。北欧にシロアリがいないのも環境によるものですし、シロアリが床下を中心に活動するのも、そこに一番湿気と湿った木材があるからです。一般住宅の床下換気口の湿気に呼ばれて入ってくるシロアリは樹種に関係なく湿っていれば結局なんでもかじります。床下環境がいかに大きな影響を与えているかという事です。

キーワードから探す

キーワードを検索できます。1単語のみご入力下さい。単語には半角・全角スペースを入れないで下さい。

HOME > 富山  注文住宅のセキホーム > FAQ > 構造・性能 > Q. 集成材の原材料であるホワイトウッドはシロアリに弱いのですか?

↑ページの先頭へ

これから家を建てる方へ。