富山の注文住宅 セキホーム

Method of construction

外断熱

外断熱

外断熱工法

セキホームの住まいは、柱・梁・土台等の構造材から基礎までも、断熱材で外側からすっぽり覆う、理想の外断熱工法です。
外周部には高性能断熱材サーマックスSⅡを隙間なく張りめぐらすので、夏はエアコンで冷やした室内の冷気を外へ逃がさず、またアルミ箔貼りの為、外からの熱の新入を防ぎます。冬には、暖房で温めた室内の熱を外へ逃がさず、外からの冷気の侵入を防ぎます。
また、構造材やアンカーボルトが常に室内と同じ安定した温度・湿度の環境内に置かれ、外部の悪天候や高い湿気から守る事もできます。そうする事で、構造材・特に補強金物のヒートブリッジ現象※1を無くしムラの無い高い断熱性能を維持します。これにより、世代を超えて大切に長く使い続ける住まいを実現できるのです。

※1:ヒートブリッジ(熱橋)現象・・・外壁と内壁の間にある柱や金物などが熱を伝える現象のこと。
特に熱伝導率の高い鉄は、外気と室内の熱を伝えやすくなります。
ヒートブリッジによる断熱欠損が過剰であると、冷暖房の熱効率が悪くなり、光熱費が高くなるばかりでなく、温度差により、室内に結露やカビなどが発生する原因になります。

外断熱工法

断熱の種類

外断熱工法

屋根(青丸)と基礎(赤丸)までも含めた建物全体を室内と考え構造材の外側から断熱材を張りすっぽりと構造を包みます。

充填断熱工法

住空間のみを断熱対象とし屋根・基礎部分は外部とみなします。断熱材は構造の間に詰める形で施工します。(以前まで内断熱工法をいわれていました。)

断熱の種類

基礎断熱工法

基礎を外側から防蟻断熱材で覆い換気口は設けず、床下の空間を密閉します。床下には換気システムを設置。室内の空気を絶えず床下に流し込む事により、外から基礎空間への湿気の侵入と停滞を無くし、カビ・ダニの繁殖を防ぎます。基礎コンクリートが夏は冷え冬は温まる為、1F室内を足元から快適にする事が出来ます。基礎から伸びるホールダウン・アンカーボルトの結露もありません。

基礎断熱工法

シロアリ対策

セキホームではシロアリの特性をふまえ防蟻ネットと基礎断熱材・耐震パネル(屋根・壁)にて対策をしています。

シロアリ対策

弊社サービス等についてのご相談・ご質問は、
下記よりお問い合わせください。