富山の注文住宅 セキホーム

Method of construction

鉄筋入りベタ基礎

鉄筋入りベタ基礎

鉄筋入りベタ基礎

配筋を15cmピッチで細かく張り巡らした厚さ150mmコンクリートの丈夫な一体型ベタ基礎です。
立上がり部分は換気口による主筋の途切れも無く連続し強度を高く維持します。
さらに工事の際には基礎断熱材と一体化するよう施工するため、精度の高い仕上がりになります。

強い基礎は家造りの基本

鉄筋入りベタ基礎

配筋工事

不同沈下を防ぐ

地盤は一部でも柔らかい所があると家が傾き 沈み込む恐れがあります。鉄筋入りべた基礎は 接地部分が広く平らな面状になる為、家の荷重を分散でき不同沈下を防ぎます。また不同沈下による建物の傾きは気密性能にも悪影響を 及ぼす為大切な要素になります。

湿気の侵入なし

家で最も腐りやすいのが床下です。その原因が床下の高い湿度環境にあります。その対策として基礎コンクリート下には防湿シートを敷き、地面からの湿気の上昇を防ぎます。さらに外気を出し入れする換気口も無くし外気と一緒に侵入する降雨時の湿気も入れません。そして基礎空間には機械換気にて常に室内からの快適で爽やかな空気を取入れ 年中低湿度の環境を保ちます。

弊社サービス等についてのご相談・ご質問は、
下記よりお問い合わせください。