富山の注文住宅 セキホーム

Method of construction

計画換気

計画換気

計画換気

建築基準法により住宅の居室・店舗等に24時間常時換気設備の設置を義務付けられています。1人当たりの1時間の必要空気量は約30m³、換気システムは建物内の空気を2時間で1回入れ替えます。気密性能がしっかりしている住宅では余計な隙間からのもれが無い為効率よく働き、外部の天候に影響される事無く常に快適な空気環境で過ごせます。

合理化

真夏・真冬は、内外気温差が大きくても強い季節風が吹いても換気量0.5回/時間を維持。必要以上の熱の出入を防ぎ快適な室温を保ちます。

低湿度

換気効率が高い為、湿気がこもらずカビ・ダニの発生を抑えます。ホームダストによる「アトピーぜん息の発作がおさまりました」というお客様もいらっしやいます。

空気環境

換気システムのフィルターが外部から入ってくるほこり・花粉をカット。常時健康的できれいな空気が保たれます。

換気の種類

住宅の換気方法としては大きく2つに分けられます。

有害物質対策商品

健康で安全な室内空間を守るためへの取組みです。

JAS規定のホルムアルデヒド放散量基準の最高等級(0.3mg/L以下)の商品を採用。内装仕上げの使用面積制限も受けません。

天井・壁下地に使用する事で構造部分から室内への放散をほぼ抑える事が出来ます。また持込まれた家具等からの放散分にも表面仕上げに通気性を持たせると効果的に軽減できます。

ハイクリンボードについて詳しくみる

化学反応と触媒作用の性能が異なる 2つの加工でホルムアルデヒドと生活臭を持続的に吸着・分解します。

弊社サービス等についてのご相談・ご質問は、
下記よりお問い合わせください。