富山の注文住宅 セキホーム

Method of construction

構造・工法・ZEH

ネット・ゼロ・エネルギーハウス

2014年4月「エネルギー基本計画」が閣議決定しました。住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅の実現を目指すとする政策目標を掲げています。これをゼロエネルギーハウス「ZEH」(ゼッチ)といいます。

POINT 一次エネルギーとは ?

石油や石炭、天然ガスや太陽光など自然界から得られるエネルギー源のことです。これらを変換、加工して得られる 電気・ガソリン・都市ガスなどを「二次エネルギー」といいます。
家庭で消費するエアコンや給湯機・照明器具などの二次エネルギー消費量を減らすことで、一次エネルギー消費量を減らすことにつながります。

高性能断熱材やサッシを使用し、高効率機器を採用することで「減らす」
太陽光発電システム等を採用することで「創る」
それにより、消費エネルギーを「ゼロ」とする住宅がZEHです。

セキホームでは高断熱外断熱住宅を、全てのお客様にご提案していますので、
新築当初の住宅性能を長期に渡り維持することが可能です。
すなわち、将来に渡り「消費エネルギー0」の生活を実現できるのです。

POINT.1 省エネ

断熱性能・気密性能を高め、植栽等による通風や日射遮蔽を利用し室内の温度を年中快適に保つことで エアコン等の空調システムの使用頻度をを低減。さらに、高効率機器を採用することで、無駄なエネルギーのロスを抑えます。

POINT.2 創エネ

太陽光発電システム等で自然エネルギーを利用し住宅で使用するエネルギーを創ります。昼間使わない時間帯は売電、夜間は電力会社から買電します。環境負荷が少なくCO2削減効果も高い地球にも家庭にも優しいクリーンエネルギーです。

POINT.3 エネルギー計測装置(HEMS)

家庭で使う電気、創る電気をネットワーク上で管理、リアルタイムで利用状況が把握できます。 どれだけ使っているか、創っているかを見える化することで無駄なエネルギー消費を抑え効率よく電気を使うことができます。

POINT.4 蓄エネ

太陽光で作った電力や、割安な深夜電力を蓄電池に貯めておけば電力料金の高い日中などに使うことができます。 発電量が変動しても蓄電池がアシストし安定的に電気を供給、また万が一の停電時も安心です。

[ 国交省 ]

補助金名 要件 補助額
グリーン化事業ゼロ・エネルギー住宅 グリーン化事業採択グループの施工構成員 最大140万円

[ 通産省 ]

補助金名 対象となる住宅 補助額
ZEH支援事業
(担当省庁:環境省)
ZEH
Nearly ZEH
ZEH Oriented
定額70万円/戸
+α ⇒ 2020年度は60万円/戸+α
ZEH+実証事業
(担当省庁:経済産業省)
ZEH+
Nearly ZEH+
定額115万円/戸
ZEH+R(レジリエンス)強化事業
(担当省庁:経済産業省)
ZEH+
Nearly ZEH+
定額125万円/戸
先進的再エネ熱等導入支援事業
(担当省庁:環境省)
『ZEH支援事業』
『ZEH+実証事業』
いずれかの交付決定を受けた補助対象住宅
上限90万円/戸

【ZEH種類の説明】

・ZEH
ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。
自宅で消費をするエネルギー量と、自宅で創るエネルギー量を足した時にゼロ、もしくは創るエネルギー量の方が多くなる住宅の事です。
・Nearly ZEH
Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)とは、寒冷地で雪が多い地域向けのZEHです。
日照時間の確保が難しく太陽光パネルでの発電量が少なくなる為、寒冷地に配慮した基準が設けられているZEHの事です。
・ZEH Oriented
ZEH Oriented(ゼッチオリエンテッド)とは、都心部の狭小地向きのZEHです。
狭小地では太陽光パネルの設置が難しい為に、太陽光パネルの設置を行わなくても基準をクリアできるように設けられたZEHの事です。
・ZEH+、Nearly ZEH+
ZEH、Nearly ZEHのグレードアップ版です。
それぞれの基準より更に上の性能が求められるZEHの事です。

国はZEH仕様の住宅を購入しやすいよう補助金を出し、普及を促進しています。
補助金の申請は「ZEHビルダー」が行います。セキホームは「ZEHビルダー」として登録されています。

詳しくは当社スタッフまで!

ZEH普及目標と実績
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
実績 ZEH普及目標
4% 11% 3% 0% 50%

弊社サービス等についてのご相談・ご質問は、
下記よりお問い合わせください。

アフターサービス