富山の注文住宅 セキホーム

公開日

セキホームってどんな会社?ネットでの評判に回答してみた。


今回はネット上に掲載されていたセキホームの評判に答えてみようと思います!ぜひ様々な情報に触れた後にご覧になって下さい!

こんにちは。
富山県の注文住宅メーカーセキホーム 前田です。

 

突然ですが、皆さんは「セキホーム」と聞いてどんなイメージを抱きますか?
住宅あるあるを読んでくださってる皆さんはきっと良いイメージを持ってくださっていると信じています。

 

というのも、先日googleで「セキホーム」と検索をしようとすると、検索候補に「セキホーム 評判」というキーワードが出てきました。気になった私は「セキホーム 評判」をクリックし、ネット上でのセキホームの評判を調べてみました。

 

インターネットサーフィンを続けると、心あたたまる内容からヒヤッとしてしまう内容までセキホームに関する様々な情報が掲載されていました。そこで今回はセキホームを代表する営業マンである私「前田」がネット上での評判に対して、ズバッと回答させていただきます!

 

セキホームってどんな会社?ネットでの評判に回答してみた。

高気密高断熱の割には坪単価が安い。何か裏があるのでは、、、?

 

住宅業界の利益率は会社によってマチマチですが、セキホームは人件費と広告費を最大限に削減しながら、利益率も出来る限り抑えています。地域に根づいた住宅メーカーとして品質の高い家を手の届く価格で届けたいという、思いを全従業員が共有していることで成り立っています!

 

また、セキホームは借金をしない・手形を切らない会社です。
仕入れ業者への支払いは全て現金で行っているため、仕入れが安く出来ているのも理由の1つです!

 

 

坪単価も抑えめで、さらに光熱費も抑えられるのはなぜ?

 

ランニングコストに関しては弊社が自信を持っている部分です。
外断熱の高気密高断熱住宅なので、熱のロスが少なく、少しの空調で涼しさも暖かさも逃しません。それによって冷暖房費が抑えられるのです。

 

 

 

また、富山県内の他メーカーの省エネ住宅と年間冷暖房費の合計を比較すると、年間129,708円セキホームの方が冷暖房費が安くなります。つまり30年で考えてみると3,891,240円お得になるということです。

 

これがセキホームが坪単価・ランニングコストともに抑えている理由です!!!

 

 

「外断熱」を強くアピールしてるけど、他との違いが分からない。

 

「外断熱」は今ではよく聞くワードになっていませんか?
実は富山県で最初に外断熱住宅を手がけたのはセキホームなんです。

 

アメリカへ研修に行った社長が「安くてスカスカな家を建築していくことはこれからの時代に適していない!」ということを強く思い、平成7年から外断熱の家づくりをはじめました。

 

セキホームの外断熱で特徴的なのは「基礎まで断熱材で覆っていること」です。基礎の外周部や土台下には換気口は設けず、床下の空間を密閉します。そして床下には換気システムを設置。外から基礎空間への湿気の侵入と停滞を無くし、室内の空気を絶えず床下に送り込む事により、基礎内の環境もカラッとした室内空間と同環境にすることができ、シロアリの好まない環境を作れる効果や構造材にとっても良い環境になります。
基礎コンクリートが夏は冷え冬は温まる為、1F室内を足元から快適にする事が出来るんです!

 

 

 

つまりセキホームは基礎まで断熱材で覆うことで「冬は暖かく夏は涼しい快適な家」を実現しているのです!

 

ちなみに、アメリカ研修中に出会った気仙沼で高気密高断熱住宅メーカーさんとは今でも交友が深く、東北大震災の際は「お風呂に入れない人がたくさんいる」という相談を社長が受け、給湯器をかき集め、トラックに積み込み現地に走りました。

 

 

 

家の品質だけではなく、人との繋がりを大切にするのがセキホームの強みかもしれません。

 

 

基礎を断熱材で覆っているけど、シロアリ対策は大丈夫なの?

 

シロアリはウレタン系の断熱材を好みます。そんな素材で基礎の断熱をしてしまうと新築後すぐに被害にあうのでは。。。これだけ聞いてしまうと「セキホームは大丈夫なの?基礎も外断熱だよね?」って思ってしまいますよね。
しかし、ご安心下さい。セキホームの基礎断熱材はここが違います!


まず、セキホームが採用する断熱材にはシロアリが嫌う防蟻材が配合されています。また製法上、断熱材の中に防蟻成分を混ぜ込んで形成されているので、防蟻材が土中(水中)に侵出、揮散することなく長期に渡り防蟻性を発揮します。
なので、シロアリがセキホームの家の断熱材をバクバクと食べてしまうということはありません。

 

そして万が一、シロアリが断熱材と基礎の間に蟻道をつくり昇ってきたとしても、基礎と土台の間に防蟻用ステンレスネットという網目の細かいネットを設置しているのでシロアリが内部まで入って来れない構造になっています。
この防蟻ネットはシロアリの卵さえ通さない目の粗さになっているんですよ!

 

 

 

いかがでしょうか?
これでセキホームのシロアリ対策についてもお分かり頂けたかと思います。

 

 

坪単価は50~60万円らしい。そして、相見積もりをとって見せたほうが良い。

 

「多くのお客様が坪単価50万円台となっています。
建物面積の少ない家や、平屋の家、いろんなご要望を取り入れたお客様がたまに60万円台となります。」と言えたのは令和元年11月まで…
消費税値上がりとともに部材や職人さんの施工費が値上がりし、ほとんどのお客様が60万円台となりそうです。

 

また、セキホームでは無料でプラン設計・お見積りをさせていただきます!
しかし、他社では10万円程かかる場合もあるようです。

 

お客様との出会いを大切にしているセキホームだからこそプラン設計・お見積もりは無料としております!ご相談会やセミナーも無料開催しておりますので、ぜひ一度セキホームまでお問い合わせ下さい!


 

 

まとめ

 

今回はセキホームのネット上での評判に回答してみました。コチラでは紹介できませんでしたが、ご成約いただき現在もセキホームの家に住まれている方からのあたたかなコメントも多く、元気をもらうことができました。

 

セキホームではお客様のヒアリングを徹底し、あなたの理想の家づくりをサポートします。家づくりに関して、ご不安やご心配がある方は一度セキホームに相談にお越しください。


お電話・お問合わせはコチラより

カテゴリ
キーワードから記事を探す