富山の注文住宅 セキホーム

公開日

お金持ちなの!? 富山県民は20代で一軒家を買う!?


みなさんこんにちは。
富山の注文住宅メーカー セキホームです。

 

突然ですがみなさん、富山県民と聞いてどんな県民性をイメージするでしょうか?
今回は富山県民と住宅の関係についてお話をさせて頂きます。

 

昨年、秘密のケンミンSHOWにて富山県の独特な県民性が紹介されました。

 

「20代で一戸建てが当たり前」

 

地元を代表するタレント 柴田理恵さんが
「富山県民の男は30代前に家の一軒ぐらい建てないと男として認められない」
と番組内で発言されました。

 

それを受けた、番組は富山県にて取材を敢行。
本当に20代は一軒家を建てているのかが検証されました。

引用元:秘密のケンミンSHOW

http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/

 

街頭インタビューしてみると、20代のご夫婦が「まさに今、建てている」とお答えになり、また「友達が20代で3000万円の家を買った」と明かす方もおられました。

 

一体なぜこのような習慣が根づいたのでしょうか?

 

番組内で登場した富山県の経済研究家によると、江戸時代の富山藩は水害がたびたびあったため、財政は豊かではなかったといいます。
そのため、人々の間にもしものときに備え、家と土地を財産として持っておくという意識が生まれたそうです。

 

とはいうものの、現代の富山県民においてこのような意識が本当に残っているかと思うと疑問に思います...


今回はこの説をハウジングアドバイザーとしての私の経験、Twitterでのアンケート調査、実際のデータを元に検証してみようと思います!

 

【検証してみた】

 

ハウジングアドバイザーとしてこれまで7年間、多くのお客様の担当をさせていただきました。
その中でも20代で建てられたご家族は1割にも満たない数でした。

 

続いて、twitterでのアンケート調査。
今回はTwitterフォロワー数2200人を持つ、富山県の在中のOL「早月さん」に協力を依頼し、アンケートを行いました。

 

アンケートの内容は
[質問]あなたが住宅購入をしたい年齢はいくつでしたか?
※既に購入している方は、いつ建てたか入力してください。
でお願いしました。

 

早月さん「こちらがアンケートの結果です(*゚∀゚)」

 

 

こちらを見ると20代は全体の44%となっており、やはり富山県民は20代で家を購入したいと思っている方は多いようですね。

 

また、30代は全体の42%となっていますね。
経済的にも安定し、ご結婚やご出産の重なる30代がお家を考えるタイミングの一つになるのかもしれません。

 

では、実際のデータはどうなっているのでしょうか?
これは注文住宅で家を建てた人を年齢ごとにまとめたデータです。

 


 
引用元:絶対に後悔しない家づくりの秘密
http://xn--pqqp11atxh4th2vktt9a.com/entry285.html

 

こちらを元に20代の割合を計算してみると、、、

全国の家を建てた人の中で20代の割合が9.7%
富山県の家を建てた人の中で20代の割合が16.6%

となっています。

 

全国平均と比べると富山県は約7%ほど勝っていますが、この数値では
「20代で一戸建てが当たり前」
とは言えないのではないでしょうか。。。

 

僕の経験、Twitterアンケート調査、実際のデータを踏まえ、辿り着いた結論がこちらです。


結論
「20代で家を建てたいと思う人は多いが、決して"当たり前"に建てている訳ではない。」

 

確かに20代で家を購入される方、検討される方もいますが、今回の検証からはそれが当たり前とは言えないかと思います。

 

この説がもし本当だったら......
僕のボーナスは......
一体、どれだけ上がっていたのだろうか......

今回の結果から、20代で家を建てたいと思う方は多くいるが、実際に購入までは至っていない方が多くいることが分かりました。


確かに住宅購入は人生で一番金額の大きい買い物になると思います。
なかなか踏み出せない方、いま買う必要があるか考え直す方も多いと思います。

 

しかしながら、20代で家を建てることにメリットはもちろんあるんです!
これからお家を検討される皆様の疑問にお答え致します。

 

Q1、賃貸よりもお得なの?
それぞれのご家庭にはそれぞれの考え方があるので、一概には言えませんが20代で購入されるメリットはあります。

仮に毎月のアパート家賃が7万円の場合、10年間支払うと840万円!とりあえずは賃貸で、いずれのマイホームのためにある程度の貯金をして自己資金にしよう!とお考えの方も多いと思います。

自己資金がある分、借入れ金額を減らすことができ、お得には感じますが、一方で「財産」として残る事のない家賃を支払う事は損とも言えます。

最初から家を購入している場合は家賃にかけるはずだった840万円を住宅ローンに充てる事ができ、その分お得という考え方もできます。

若い年齢でローンを組まれた分、完済時期も早く見通すこともできますし、長期間の住宅ローンも安心して組むことができます。

住宅を購入すれば一生の財産として考えることができるので、賃貸料を払い続けるより思いきってマイホーム購入!という考えの方は確かに多いです。


Q2、20代の購入者の実際の支払い計画は?

多くの方が住宅ローンを組まれて計画されます。現在、住宅ローンの金利はとても低い状態で、若い世代の方でも借入れしやすくなっています。

仮に35年ローンで2,500万円を借り入れされた場合、毎月の返済は63,000円程で、3,000万円だと76,000円程/毎月、3,500万円だと88,000円程/毎月で住宅ローンを組むことができます。毎月の返済金額を今の家賃と同じぐらいの金額に合わせられれば無理なく返済は可能です。
借入れされる金額の考え方も、ご夫婦の収入を合わせて考えられたり、住宅ローン以外のローンが残っていたりすることで変わってくるので、それぞれのご家庭で様々です。


Q3、家の耐久性・メンテナンスについて
セキホームの家は外断熱構造により外気にさらされる事なく、すっぽりと断熱材に守られています。

そのため構造躯体は腐る心配もなく、100年住宅と言っても過言ではありません。しかし、躯体以外の部分は定期的に点検・メンテナンスが必要です。
例えば、雨風にさらされる瓦は「ゆるみ」や「ずれ」、外壁であれば表面の傷みもでてきます。

定期的な点検・適切なメンテナンスを行う事によりメンテナンス費用も抑える事ができます。


弊社でも20代で家を建てたアドバイザーが在籍しております!
詳しくはジュートピア富山展示場「思季」 前田までお問い合わせくださいませ。


 
「僕自身、20代で家を建てた一人です。自身の経験も踏まえたご提案で家作りのお手伝いをさせて頂ければと思います!
ジュートピア展示場で皆様にお会いできることを楽しみにしております!」


ジュートピア富山展示場「思季」
〒939-8251 富山市西荒屋275 Tel.076-428-8360
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜日 木曜日
URL: https://www.sekihome.net/model/toyama

昨年、秘密のケンミンSHOWにて紹介された「富山県民は20代で一戸建てが当たり前」という説。今回はハウジングアドバイザーとしての私の経験、Twitterでのアンケート調査、実際のデータを元にこの説を検証してみようと思います!

[ 目次 ]

カテゴリ
キーワードから記事を探す