富山の注文住宅 セキホーム

公開日

【外断熱と内断熱】2つの違いを徹底解説!結局どっちがいいの?


注文住宅を建てようと思った時に断熱方法は色々あるけど何が良いの?と悩みますよね。 年中快適な生活を実現する為には“断熱”が鍵を握っています。

断熱方法には大きく分けて「外断熱(外張断熱工法)」と「内断熱(充填断熱工法)」があります。断熱材や断熱工法選びは、その後の生活に影響するので、とにかく重要なポイントです。

 

今回は、注文住宅を建てる時に知っておきたい外断熱と内断熱のメリット・デメリットについてご紹介致します。

外断熱と内断熱を徹底比較!

外断熱と内断熱の違いとは?

まずは外断熱と内断熱にはどんな違いがあるのかを見ていきましょう。

外断熱は建物全体を断熱材ですっぽりと外側から包む工法のことをいいます。

断熱材が柱・梁の外側にあるため、切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。また外の悪天候や高い湿気から建物を守ることができ、構造内での内部結露の可能性も少なく、建物全体が傷みにくく長持ちしやすいというメリットがあります。

ただし外断熱の場合は建物全体を包まなくてはいけない分、施工する際のコストがどうしても高くなってしまいます。

内断熱は、壁の中に断熱材を充填する工法で、外断熱と比べるとコストを低く抑えることができるというメリットがあります。これまでの日本の住宅の断熱施工も充填断熱が主流でした。

ただし内断熱の場合は木材と断熱材の取り合う部分が多く隙間ができやすく、そうならないためにはしっかりとした施工が必須な事や、壁内の結露対策など注意が必要です。

地域によって適正がある?

外断熱と内断熱、メリットが多い方を選びたいことには間違いありませんよね。

 

断熱の機能性だけを単純に判断してみると、外断熱の方が効果が高いと思うかもしれませが、各地域によって環境や湿度、温度は異なるので、地域に合わせて外断熱か内断熱のどちらが良いか考えるべきです。

 

富山の様な雪国では断熱効果が高い外断熱にした方が建物の耐久性も上がり、メリットも多いです。しかし、一年を通してそれほど気温の変化が激しくない温暖な地域では、無理に高い費用をかけてまで外断熱を取り入れる必要もないかもしれません。

地域によっても断熱の必要具合が違うので、一概に外断熱の方がいいとは言い切れないのです。もちろん断熱の効果や機能性を重視するのであれば外断熱に勝るものはありません。

 

建物の結露についてもさらっと説明してしまいましたが、建物を長持ちさせる為には重要なポイントです。そもそも結露とは建物の外側と内側の温度差が要因で発生してしまうものです。

結露だらけの家だとカビや錆が生える原因にもなりますし、家が早く傷んでしまう原因にもなります。また,ダニを繁殖させ、アレルギーの原因を引き起こす可能性があるともいわれています。

外断熱は新築当初の断熱・気密性能が長期維持できるため、何年たっても快適に暮らして頂けます。

冷暖房費が大きく変わる?

※ある35坪2階建て住宅の場合
 暖房:エアコン設定温度25℃ 冷房:エアコン設定温度25℃ 燃料単価24円/kwh
 ※結果は間取り等によって変わります

 

上の表は富山県内の他社内断熱の家とセキホームの外断熱の家の冷暖房費を比較した表です。

年間合計を比較すると年間で129,708円、外断熱の方が冷暖房費が安くなります。30年で考えてみると3,891,240円お得になるということです。


建築当初は費用がかさむかもしれませんが冷暖房をよく使う地域ならば、長い目で見るとお得になるかもしれません。


あなたは外断熱・内断熱のどちらを選びますか?セキホームでは雪国富山だからこそ外断熱をオススメしています!

初期費用のコストを優先するか、建物の耐久性を考えた上でのトータル的なコストを優先するかはあなた次第です。

 

断熱についてもプロにしっかりと判断してもらった上で施工したい、そんなあなたは是非一度セキホームまでお越し下さい。
断熱材について知り尽くしたスタッフ「山瀬」が最後まで責任をもって対応します!

山瀬 寛子
構造・工法についてはおまかせあれ。 趣味は温泉巡りとお買い物です。
記事はありません
カテゴリ
キーワードから記事を探す