高気密・高断熱・外断熱 セキホーム

JYUTAKU ARUARU

住宅あるある

和モダンな家の作り方。自然に和を取り込むポイントを部屋ごとに解説!

この記事では和モダンな家の作り方について詳しく説明しています。また、部屋ごとに和モダンを演出するためのアイディアを紹介しています。

みなさん、こんにちは。 富山の注文住宅メーカー セキホームの萩原です。    

家づくりを考えるとき、理想とする家のテイストの種類を決めておくと、打ち合わせがスムーズに進みます。また、デザインのテイストは、家全体の統一感を出すためにも重要なポイントです。

 

シンプル、和モダン、北欧、アメリカン、アジアン、ナチュラルなど様々なデザインテイストがありますが、和モダンは日本古来の美しさを基に、シンプルな現代風にアレンジされている人気のテイストです。

今回はセキホームでも人気の和モダンな家づくりについてご紹介します。新築を検討している方はぜひご参考ください。

 

和モダンってなんだろう?

和モダンとは和の伝統と欧米のモダンスタイルを融合させたデザインのことを指します。日本ならではの温もりや静けさがありながら、シンプルでスタイリッシュさを追求したデザイン手法の1つです。

 

セキホームが考える「和モダン」は日本の伝統技術が基礎となり、モダンのスタイリッシュな要素を取り入れたスタイルです。セキホームでは創業当初より和の家を数多く建築してきた長年の経験をもとに、和モダンな家も提案しています。

 

和モダンな家は設計もさることながら、建材・建具・家具のセレクトも重要です。外装の屋根には瓦、外壁はリシンやモルタル吹き付け、内装には珪藻土・畳・障子や襖など和のテイストを取り入れることも多いです。あくまでもスタイリッシュさがポイントの和モダンですので取り入れ過ぎないこともポイントです。

 

部屋ごとの和モダンの作り方

和モダンの作り方を玄関、リビング、和室、寝室に分けてご紹介します。

 

玄関

玄関空間を和モダンに演出するには建材の選定がポイントになります。

土間部分にはシンプルなタイルもオススメですが、石の素材、洗い出しもオススメ。石の色はグレーやブラック、ダークブラウンなどが人気です。

 

また、玄関のそばに坪庭を置くこともオススメです。玄関に坪庭があるとモダンで高級感のある雰囲気に仕上がります。

 

家の外壁と玄関の内壁のテイストを一緒にするのも和を演出する技法の一つ。色味は薄い色にし、木目、もしくはシンプルなテクスチャーをセレクトするとよりモダンな雰囲気に仕上がります。また、縦格子を配置すると光が家の中に差し込みながら、アクセントにもなります。

 

リビング

リビングを和モダンに演出するには全体を抑えたトーンにすると良いでしょう。

具体的には、建具、インテリアなどの色味を彩度の低いグレーやナチュラルカラーなどでまとめましょう。

 

天井、家具には木目もオススメです。木目の色に濃いブラウンをセレクトすると洋の要素が強くなるので、色味の選定は重要な要素です。

 

光、照明の使い方もポイントです。部屋全体を明るくするのではなく、間接照明やスタンドなどを使って陰影をつけるとよりモダンな雰囲気を演出できます。家を建てる際に、間接照明やダウンライトを建築化照明として、天井や壁に組み込んでおくこともあります。

 

和室

和室を配置する場合、リビングに隣接するタイプのコーナー和室が人気です。また近年では和室に仏間、床の間を配置しないお客様が増えています。壁をホワイトに統一したり、畳を正方形のグレーやネイビーにしたり、洋風なリビングに併せてトータルデザインすることで和モダンな空間になります。

 

和室に間仕切りを設置すると使い勝手も良いです。床を畳にすると小さなお子さんが万が一転倒しても怪我の心配がありません。小さなお子さんの遊び場としてもオススメです。

 

通常間仕切りにする扉は2mですが、セキホームでは天井高と同じ2m40cmの建具をオススメしています。間仕切り扉は閉めると区切られた個室になり、来客時のゲストルームとしても使用できます。

 

寝室

和モダンな寝室はインテリアの色味、素材に注意してセレクトしましょう。

内壁にテクスチャーのニュアンスがユニークな砂壁や漆喰壁。窓に障子紙を取り入れるのもオススメ。部分的にブラックを使うとモダンな印象に仕上がります。

砂壁や漆喰壁風のクロス、プラスチック障子紙などを代替することでコストも抑えることができます。

和モダンな寝室にするには光の使い方も大切です。部屋全体を明るく照らすのではなく、間接照明やスタンドなどを使って陰影をつけると落ち着く空間に仕上がります。

 

セキホームの和モダン施工事例

セキホームが建てた、和モダンな家をご紹介します。

平屋の和モダンな家 A様

平屋の和モダンな家を施工されたA様。

玄関横には4畳半の和室を配置しました。三方向の障子を開け放すと、リビングからテラスまで約36畳分もの開放的な空間になります。

 

水周りには落ち着いた色味をチョイス。下部にはフロストガラスのFIX窓を設置し、トイレの壁には珪藻土を塗りました。ホテルライクな空間で毎日がリッチな気分になります。

 

軒の深いタイルテラスは外部収納も充実しています。友人や親類を招いたり、趣味を楽しんだり、楽しみながら暮らしているそうです。

 

こちらでもご紹介しています。

https://www.sekihome.net/works/35

 

2世帯仕様の和モダンな家 B様

50代の夫婦、20代の息子さんの3人家族のB様。

B様は魚津、富山のセキホーム展示場の気に入られた部分を新築に取り入れられました。特に魚津展示場の和室の間取りが気に入ったそう。お客様を向かい入れたら、リビングを通さずに和室に案内出来る間取りです。

 

B様の新築を訪問したご友人たちには「旅館みたいな仕上がりの家だね」と言われているそうです。

 

また、20代の息子さんに合わせ、二階はガラッと変わった雰囲気に。

それぞれの世帯の生活導線、共有部分をどこに置くかなどをしっかり検討された家に仕上がりました。

 

こちらでもご紹介しています。

まとめ

和モダンな家は和のデザイン要素をモダンに演出し、現代の暮らしに合うように考えられています。セキホームでは長年培ってきた和の家をつくる技術を活かした上でお客様が過ごしやすい空間をご提案。和の中にモダンテイストを取り込むことで古さを感じさせず、デザイン性の高い住空間を演出しています。

 

具体的なデザインイメージや希望がなくても、夢のマイホームの完成は難しくありません。モデルハウスの展示場や完成見学会へ足を運んで頂くことで、より理想的な家づくりのイメージが浮かびやすくなりますよ。

 

お問い合わせはコチラから

補助金チェックシートはコチラからダウンロード!
今回はこの記事を読んでくださった皆さんに富山県で使える助成金をまとめた「富山の助成金チェックシート」をプレゼント!

 

この記事を書いた人

萩原 孝二

ガーデニング好きの営業マン。外構工事のご相談が隠れた楽しみです。
Grace
この記事を見る
2022.04.01
セキホームのあんしん保証ってどんなサービス?

#必読!はじめての家づくり

Grace
この記事を見る
2021.06.04
電気、水道を整備するには?家を建てる際に知っておきたいインフラ整備。

#必読!はじめての家づくり#お金と家の考え方

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちらから
0120-371-017
電話受付時間8:00〜18:00(水・木定休)