高気密・高断熱・外断熱 セキホーム

JYUTAKU ARUARU

住宅あるある

共働き世帯のための家づくりって?オススメ間取りアイディアをご紹介。

この記事では共働き世帯のための家づくりについて詳しく説明しています。仕事に子育て、家事に追われて忙しい共働き世帯。家づくりをしたいけどなかなか前に進めない、そんな方も多いと思います。今回は共働き世帯が無理なく実現できる家づくり、オススメしたい間取りアイデアについてご紹介します。

みなさん、こんにちは。 富山の注文住宅メーカー セキホームの板澤です。

昨今では働き方の多様化により、全国的に共働きのご世帯が増えてきました。富山県は特に、共働き世帯が多く、共働き世帯の比率は全国第3位。セキホームで家づくりをされる方の中でも共働き世帯の方は非常に多いです。

 

世帯揃って働く日々では、仕事に子育て、家事に追われるケースがほとんど。忙しい生活を家づくりの工夫で解消していきましょう。

 

今回は共働き世帯が無理なく快適にこなせる家づくり共働き世帯のためのオススメ間取りアイディアをご紹介していきます。

 

共働き世帯の家づくりの進め方

まずは、共働き世帯の家づくりの進め方についてご紹介します。

重要視するポイントを決めよう

家づくりは膨大な選択肢の中から自分たちの生活にあった物を選択する必要があります。正解がない分、悩んでしまうのは当たり前です。

 

選択する前に夫婦間で重要視するポイントを決めていきましょう。「日中働いているから夜ゆっくり過ごしたい」「とにかく家事はしたくないから家事動線をコンパクトに」など気になるポイントをまとめましょう。

 

プロに相談しよう

家づくりのスタートは、家づくりのプロである、設計士やアドバイザーと話すことが一番です。

モヤモヤして何が重要かわからない場合もプロに相談することで、自ずと答えが見えてきます。方位、陽当たりを考えた間取り設計、将来を見据えたアイディアなど、家づくりなどプロならではの視点でアドバイスしてくれますよ。

また、ご夫婦の間に第三者が間に入ることで本当に望んでいることが見えてくるかもしれません。

 

資金計算をしよう

住宅を購入する際、住宅本体の費用のほかにも様々な費用が必要となります。住宅購入は合計でいくら必要になるのか、そのうちのいくらをローンで借入れする必要があるのか、住宅購入の予算をもとに、計算してみましょう。

 

例えば35坪2,300万の家を建てる場合、土地の価格が700万円だとすると、諸経費を含めておよそ3,500万円の住宅ローンを。土地の価格が1,000万円だとすると、およそ3,700万円の住宅ローンを組むのが一般的です。

 

共働き家庭の場合、住宅ローンの借り方に選択肢があります。「どちらかが単独で住宅ローンを借りる」、「世帯それぞれ、住宅ローンを借りる(ペアローン)」、「世帯の収入を合わせて、ローンを借りる(収入合算)」など共働き世帯の場合、ローンにも選択肢が広がります。

ご世帯の資金、人生設計などを考慮して資金計算を進めましょう。

 

共働き世帯にオススメの間取りアイデア

共働き世帯にとって、仕事と家事の両立は大きな課題の一つ。ご世帯それぞれの時間に合わせて分担する家事のスタイルが主流です。家事をシェアできるようにするためには、動線や仕様、部屋の使い方、収納などがポイントになります。

 

共働き世帯にオススメの間取りアイデアをご紹介します。

掃除が楽な仕様に

写真提供元:ミヤモト家具様

とにかく時短がキーワードになる共働き世帯。掃除も手軽に簡単にできるといいですね。

掃除を時短するために、ロボット掃除機を購入される方も多いです。ロボット掃除機は、基本的に段差を登れません。機種によっては数センチの段差であれば登れる掃除機もありますが、小さな段差をなくすことで、より効率的に動けるようになります。

 

テーブル、椅子の脚もロボット掃除機の妨げになります。近年は、ロボット掃除機が部屋の中をスムーズに走れるよう、ダイニングテーブルにかけておけるタイプのダイニングチェアも登場しました。

 

また、ロボット掃除機のための”掃除機ハウス”を設けるケースも多くもあります。ちょっとしたペット感覚でお家に遊び心のあるスペースを作っても良いですね。

 

キッチン周りの充実

買い物、料理の準備、片付けとキッチンにまつわる家事も時短がオススメです。時短と効率化のためにもキッチン周りは工夫が必要になってきます。

 

また、お子様がおられる家庭の場合、子供の成長とともに、育児の内容が変わっていきます。

その中の一つが勉強です。帰宅後、晩御飯準備をしながら、同時進行で子供達の勉強を見なければならないこともでてきます。料理をしながら子供達の勉強が見られるよう、キッチン付近にスタディコーナーを設ける方も多いです。

 

また、シンクとダイニングテーブルを横に並べる仕様もオススメ。調理後に、横移動して料理をダイニングテーブルに運ぶことができるので、家事動線が短くなります。この動作一つも時短に繋がります。

頻繁に買い物に出かけられない方は、パントリーを充実させることもオススメ

人が中に入れるほどの大容量収納が可能になる部屋型パントリー、アイテムが一目瞭然のクローゼット型パントリーなどサイズも様々です。

また、パントリーに冷凍庫を置くケースも多くなりました。パントリーに冷凍庫を設ける場合、そのためのコンセントが必要です。何をどこに置きたいかを事前に考えていくのも家づくりのポイントです。

 

ユーティリティにカウンターを設置

ユーティリティには、ウォークインクローゼットやカウンターの設置をオススメしています。

「洗う、干す、取り込む、たたむ、しまう」の一連の動作に無駄をなくすのが、洗濯を時短するための一番の早道。動線の距離が長く不便だと、それだけ労力がかかります。

 

また、セキホームでは一階部分の空調システムに「ECO床暖」をオススメしています。ECO床暖の家はランドリールームがある水周りも暖かいので、洗濯物が乾くのも早いです。

 

回遊できる家事動線

料理、洗濯、お風呂などの水を使う水回りの家事は生活の上で避けて通れないもの。水回りは日常生活の上で大きな割合を占めます。水回りの間取りは暮らしやすさに直結するので、自分たちの生活スタイルに合わせて配置しましょう。

 

家事を快適におこなうためには、家事作業ペースの距離の近さが重要です。行き止まりのない、回遊性のある家事動線は、移動歩数を減らし、家事のストレスを軽減してくれます。

 

まとめ

とにかく忙しい共働き世帯のための家づくりのポイントをご紹介しました。

共働き世帯の家づくりは家族みんなで家事育児をシェアしながら、心地良い毎日を過ごすための工夫が必要になります。家事動線の効率化は、間取りを作る際もっとも重要で外せない部分の一つになるでしょう。

共働き世帯ならではのポイントとともに「夜はゆったり過ごせる家にしたい」「隙間時間に趣味を充実させる部屋が欲しい」など、各家族が目指すスタイルがあると思います。

具体的なイメージや希望がなくても、夢のマイホームの完成は難しくありません。モデルハウスの展示場や完成見学会へ足を運んで頂くことで、より理想的な家づくりのイメージが浮かびやすくなるでしょう。

 

お問い合わせはコチラから

補助金チェックシートはコチラからダウンロード!
今回はこの記事を読んでくださった皆さんに富山県で使える助成金をまとめた「富山の助成金チェックシート」をプレゼント!

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちらから
0120-371-017
電話受付時間8:00〜18:00(水・木定休)